ひびき動物病院のブログ

2017.10.12更新

病院のネコも10歳を過ぎ、高齢ネコに多い病気の兆候が見えてきました。それは多飲多尿なんですが、尿の量とお水を飲む量が増えています。

調べるとやはり腎臓の数字が上がってきているので、もうお薬を始める事にしました。

腎臓を守るお薬なのですが、毎日投薬します。いつもやっている事なので、難しくないのですが、錠剤のお薬をなかなか飲み込んでくれない時もあります。何日か続けると吐いたりすることもあったのですが、液体のお薬にしようか考えていました。

「これ(液体のお薬は)ごはんにかけちゃうとそのまま食べちゃいますよ。」

という患者さんの声があり、へぇそんな子もいるんだ、と思っていました。

液体でもお薬はそれだけで直接飲ませたい方でしたが、

試しにごはんにふりかけをやってみたところ、すんなり完食。

これ、やっぱり楽ですね。

本当は錠剤の方がちょっと安いんだけどねぇ・・・

 


pic20171012104354_0.jpg

 

投稿者: ひびき動物病院

飼い主様 お問い合わせフォーム

求職者様 お問い合わせフォーム

飼い主様 お問い合わせフォーム求職者様 お問い合わせフォーム
ひびき動物病院のブログ ひびき動物病院のかわらばん お役立ちコラム
犬と猫の栄養成分辞典 インターネット注文&宅配動物ナビ