2020.07.13更新

手足を使って遊ばない

 咬んでる姿は「遊んで~」と言っているようで、ついついじゃれあってあげてしまう方が多いようですが、これはこの後咬んで遊ぶと言う事を助長してしまうようです。体の小さい間は大丈夫でも、少し大きくなったころには力も強くなり、そのころにクセが固定してしまうと、ヒトに咬むことをやめさせること自体が難しくなります。

そのためには、「遊んで~」に応えるためにも、手ではなく、おもちゃなどを使ってたくさん遊んであげる必要があります。

 

ネコは子猫の時に様々な経験から獲物を捕らえる「狩り」を学びます。それは、本来生きていくのに必要な事だからです。また、あそびの中で仲間と生活することを学んでいきます。ですので、おうちの中だけで育つ場合は、そういう学びや遊びを覚えていく機会を与えながら(室内でもできるだけ自然界で得られるような刺激を与えながら)ヒトとの生活を教えてあげる必要があります。

 

飼主さんがおもちゃで遊んであげてもまだ咬むのをやめない場合、

それはまだまだ遊ぶのが足りないかもしれません。

こねこ時代は起きている時間の大半は遊んでいるものです。

 

咬んで気を向かせようとすることもあります。そういう時は知らんぷりして相手にしないようにして、咬みつく状況をつくらないように努力してください。

 

 

参考書

CAP20207月号

投稿者: ひびき動物病院

2020.07.13更新

こねこが育つ時には、兄弟と遊びあったり、何かを捕まえたりして色々な事を経験しながら学んでいきます。

「遊びによる攻撃行動」は甘噛みなどを含み、本来ねこどうしで経験しながら学んでいくわけですが、

おうちの中でヒトの家族しかいない環境では、それがクセとなって続いてしまうと、

大人になっても家族を咬み続けてしまう事につながってしまい良くないこととなります。

「不快情動による攻撃行動」は、体罰などから本格的な攻撃行動になってしまうような良くない事です。

 

それらを予防するには・・

 

なるべく子猫のうちに人を咬む機会を与えないようにしたほうがいい、

追いかける、咬みつく、など、正常な行動のはけ口をつくるほうがいい、

そのためには

・ヒトの手足を使って遊ばない

・ヒトの手足に攻撃してきたら相手にしないようにする

・(可能なら)ネコ同士で遊ばせる

・ネコが興奮状態にある場合は相手にせず、穏やかな時に触れあうようにする

などがアドバイスされています。

投稿者: ひびき動物病院

2019.06.08更新

おうちには少し慣れてきましたか?

どんな子でも初めての場所に慣れるのに2週間くらいはかかるものです。

その間はとてもストレスフルなので、変化がある場合は、すぐに対処した方がいいでしょう。

 

そして、慣れてきたら、こういう事を意識してみてね。というものがありますので、参考にしてください。

子犬を迎えた飼い主さんへ

病院に来た時は、この子は正常、っていうのを確認してみましょうね!

 子猫を飼い始めたら の ページもご参照ください。

ワクチン接種、寄生虫予防、身体検査などのお話は、予防のページをご参照ください。

 

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.06.08更新

おうちには少し慣れてきましたか?

どんな子でも初めての場所に慣れるのに2週間くらいはかかるものです。

その間はとてもストレスフルなので、変化がある場合は、すぐに対処した方がいいでしょう。

 

そして、慣れてきたら、こういう事を意識してみてね。というものがありますので、参考にしてください。

 

子犬を迎えた飼い主さんへ

動物病院に来た時は、この子のいつもは、正常なワンコのいつもと同じでした。

っていうのを確認しましょうね!

 子犬を飼い始めたら の ページもご参照ください。

予防注射、寄生虫予防などは、予防のページをご参照ください。

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.06.02更新

ワンちゃんも歯みがきをしないと、歯石がついてしまい、その後歯周病が待っています。

ワンちゃんのお口のトラブルの多くは、歯周病です。

当院では病気の治療も、予防的なスケーリングもどちらも実施しています。

 

shikadog1

犬歯と奥歯が茶色くなって歯石がついているのがわかります。

 

通常、歯科処置には全身麻酔が必要です。

麻酔をしたら、超音波スケーラーで表と裏の歯石を取り除きます。

shikadog3

その後、研磨剤を使用して

ブラシ(粗削り)とコーン(仕上げ研摩)で磨いて仕上げます。

 

shikadog4

仕上がり。

麻酔が醒めたらその日の夕方に帰れます。

 

歯のメンテナンスは、

「おうちの方がどのくらいできるか?」で差が大きいです。

頑張りましょう!!

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.06.02更新

食事すると痛そうにすると言う事で見えたネコさんです。

 

左の写真のように、歯石が結構あり、そのせいで歯槽膿漏となっていました。

歯肉がやられて痛みがあるために食欲も落ちてきてしまいました。

 

痛み止めなど内科治療でも対処してきましたが、

この先ずっと続いてしまうので、歯を抜いて治療も長引かせない方法を選びました。

 

猫歯科2

 

(何度も麻酔をかけて処置することを選ばず、一度の麻酔でなるだけ効果的な結果を求める場合は、

常に抜歯を考慮する必要があります。)

 

歯科処置終了後、歯は写真のようにほとんど残せませんでしたが、ごはんは普通に食べられるんです。

そして、ネコさんの持続的な痛みを開放させることができました。

 

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.06.01更新

当院の去勢手術の流れをご紹介します。

 

朝:朝食を抜いてご来院(流動食の朝食は与えても可)

一般状態と手術内容や麻酔時実施事項を確認してお預かり。

 

術前:当日午前中、血液検査と必要に応じて追加の検査を実施します。

(血液検査は料金に含まれています)

 

 

お昼:午前の診療が終了した後に、手術時間となります。

不測の事態に備え点滴を用意して、注射麻酔とガス麻酔を併用します。

 

高周波電気焼灼装置(高性能電気メス)を導入したので、糸を使わなくてもよくなりました。

去勢1

 

夕方:無事を確認して、退院となります。

投稿者: ひびき動物病院

2019.02.19更新

当院のレントゲン診断装置がやっとデジタルになりました。

せっかくなので、上位機種です。

開業した頃から、デジタルレントゲンに世代交代が始まり、費用面でアナログスタートしたので

デジタルはずーっと欲しかったのですが、やっとの思いで導入ができました。

デジタルレントゲンもカセットを介する間接方式と、受信機で直接信号を拾う直接方式がありますが、

後者の直接方式を導入したため、カセットの出し入れ作業が不要となり、フィルムの現像も不要で

撮影時の体位変換が最小限なため、動物もヒトも撮影時間は圧倒的な時間短縮となり、

お互いのストレスは小さくなったのにとても鮮明な画像が得られます。

技術革新はすごいなぁと思いました。

レントゲン

デジタル(左)とフィルム(右)

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.02.19更新

これは最新型の電気メスです。

ずっと欲しくてようやく手に入れることができました。

今までと大きく違う特徴は、血管シーリングと言って、手術の時に出血を抑えるための止血作業ができるんです。

これができると、5ミリくらいまでの血管であれば、糸で結んで止血していた作業が要らなくなるんです。

去勢手術や避妊手術などでは糸を使う量はかなり減ります。

 

これを使うメリットは、

1、麻酔時間が減る

2、手術時間が短縮する

3、傷の修復に邪魔がない

4、繊細な作業が可能となる

 

これらのことが複合的になって手術からの回復時間に差が出るので、

安全性を高めた動物にやさしい手術が可能となります。

 

また、小さな動物を扱ううえで、繊細な作業が必要な手術にも有用な武器となり、

いずれ遭遇するだろう緊急性の高い手術にも対応するもの、と想像しています。

 

 電気メス

 オリンパス社の最新電気メス

 

以下は実際に手術に用いた所見です。

 

不妊手術

 

 シーリングした血管は透明色に。

上と下は血液のために赤くなっています。

このあと透明な部分の血管を切っていきます。

子宮は太さによってやり方を調整しています。

 

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.02.06更新

これは何だと思いますか?

 

これは飲み込んでしまったものが手術で摘出されたものです。

 

2センチ弱の丸いもの。

 

たったこれだけの大きさですが、3日間ごはんがお腹を通れませんでした。

(腸閉塞で吐いていました)。

 

よくお話しますが、ゴールデンでも、梅干しの種(この位のサイズ)が詰まった子がいます。

この写真は梅ではありませんが、多分果実。

 

 

外でも食べちゃわないように

みなさん気をつけましょうね。

 

飲んじゃったら手術かもしれませんよ~

 

 たね



投稿者: ひびき動物病院

前へ

飼い主様 お問い合わせフォーム

求職者様 お問い合わせフォーム

飼い主様 お問い合わせフォーム求職者様 お問い合わせフォーム
ひびき動物病院のブログ ひびき動物病院のかわらばん お役立ちコラム
犬と猫の栄養成分辞典 インターネット注文&宅配動物ナビ