スタッフ紹介

院長紹介

当院のポリシーは、「飼い主さまとペットの良い関係を持続させることで、健康的な日々を過ごす」ことです。

小さな命との出会いや別れを経験されるご家族の喜びや悲しみと向かい合う中から、動物たちは私たち人間に対し大切なことを教え続けてくれているのだと実感しています。それは、動物たちが「大切な家族」であり、動物たちの存在が「心の絆」で結ばれたかけがえの無い存在となっているからです。そういった素晴らしい絆をより豊かに育て、そしてヒトもペットもより健康的に生活していただくためのサポートがしたい、という想いで獣医師を続けています。

動物の医療も人間の医療と同様、今までは治すことができなかった病気も治るようになったりと、日々進歩しています。我々獣医師も、みなさまが安心してペットと過ごせるよう、知識や技術の習得は欠かせません。ペットと飼い主さまにいつまでも幸せでいていただきたいという想いからです。

しかしペットは喋ることができません。だからこそ、飼い主みなさまのご協力も必要です。どんな些細なことでも、小さいことでも、不安に思ったらすぐにご相談ください。おかしいと思った時には来院された段階で病気がかなり進んでしまっていた、という悲しい出来事もまだまだ少なくありません。

健康なうちから色々とご相談いただきアドバイスをさせていただくことで解決することは多くあります。例えば、この面白い仕草は実はココを気にしてやっていたんだ、など健康だと思っていても実は身体の調子が悪かった、ということが判明することもあります。人間の医療、動物の医療で「予防」が注目されているのは、みなさまやペットの「健康寿命をのばす」ためでもあります。そしてそのためにも、私たち獣医師をご活用ください。いつまでもペットと飼い主さまが「大切な家族」でいられるように、全力でサポートさせていただきます。

 

院長 岡田 響

略歴

北里大学獣医学部卒業
東京・神奈川の数件の動物病院で勤務獣医師として診療にあたる
麻布大学動物病院で研修医(腫瘍科)として、専門機関における診療に従事
日本獣医がん研究会 認定医合格
東京の動物病院にて院長として勤務
「ひびき動物病院」開院

副院長紹介

皆さま、はじめまして。
「ひびき動物病院」副院長・獣医師の岡田奈津子(おかだなつこ)と申します。

私は、ペットの病気は「現在」という限られた時間の中で診るのではなく、過去や将来にも目を向けるべきだと考えています。またその治療にはご家族の普段の接し方や生活スタイルなどもかかわってきます。

ですから、病気のことに限らず、ご家族のたわいのないと思われることでも、ぜひお聞かせください。わが子の事を一番ご存知なのは、やはり、ご家族です。それが診察の大きなヒントになることがありますし、皆さまの想いに寄り添った治療ができると信じています。

当院の待合室には、スタッフの手作りで飾られたシンボルツリーがあります。ツリーの変化を楽しみにしていただいている方も多くいらっしゃいます。少しでも心を和ませお話しやすい雰囲気になれば、うれしいです。

略歴

北里大学獣医学部卒業
東京・神奈川の数件の動物病院に勤務
東京農工大学の研修医として外科診療や循環器の診療などに携わる
「ひびき動物病院」開院

獣医先端技術研究所腹部超音波研修終了

日本ペットマッサージ協会ペットマッサージセラピスト認定

いままでの業績

  • 口唇部に発生した扁平上皮癌の一例  (動物臨床医学年次大会)
  • 肘部に発生した犬の血管周皮腫の二例  (日本獣医臨床フォーラム)
  • 鼻腔内骨肉腫に対して高エネルギーX線(低分割多門)照射により1年以上の対症的効果が得られた犬の一例  (日本獣医臨床フォーラム)
  • 確定診断ができずに化学療法に踏み切れなかった猫の肝臓リンパ腫の一例  (日本獣医ガン研究会)
  • 外科療法と放射線療法を併用した猫の線維肉腫の再発例の一例  (日本獣医ガン研究会)
  • 放射線療法を試みたFeLV陽性猫の一例  (日本獣医ガン研究会)
  • 「獣医師から飼い主さんへ」一般書籍のコメント記事 (『犬の名医さんの見つけ方』 柿川鮎子著)

所属学会

  • 日本獣医がん学会 所属
  • 日本獣医皮膚科学会 所属
  • 日本獣医再生医療学会 所属
  • 横浜市獣医師会 所属
  • 日本獣医循環器学会 所属(奈津子副院長)

当院のポリシーは、「飼い主さまとペットの良い関係を、できるだけ長く持続させる」ことです。

ペットは大切な家族です。疲れたとき、なにか嫌なことがあったときでもペットと触れ合い一緒の時間を過ごすと、そんなことも忘れてしまう瞬間に、いつも感謝をしています。そんなペットと飼い主であるみなさまが、そういった素晴らしい時間を一緒に共有できるサポートがしたい、という想いで獣医師になりました。

動物の医療も人間の医療と同様、今までは治すことができなかった病気も治るようになったりと、日々進歩しています。我々獣医師も、みなさまが安心してペットと過ごせるよう、知識や技術の習得は欠かせません。ペットと飼い主さまにいつまでも幸せでいていただきたいという想いからです。

しかしペットは喋ることができません。だからこそ、飼い主みなさまのご協力も必要です。どんな些細なことでも、小さいことでも、不安に思ったらすぐにご相談ください。おかしいと思った時には来院された段階で病気がかなり進んでしまっていた、という悲しい出来事もまだまだ少なくありません。

健康なうちから色々とご相談いただきアドバイスをさせていただくことで解決することは多くあります。例えば、この面白い仕草は実はココを気にしてやっていたんだ、など健康だと思っていても実は身体の調子が悪かった、ということが判明することもあります。人間の医療、動物の医療で「予防」が注目されているのは、みなさまやペットの「健康寿命をのばす」ためでもあります。そしてそのために、私たち獣医師をうまくご活用ください。いつまでもペットと飼い主さまが「大切な家族」でいられるように、全力でサポートさせていただきます。

 

院長 岡田 響

飼い主様 お問い合わせフォーム

求職者様 お問い合わせフォーム

飼い主様 お問い合わせフォーム求職者様 お問い合わせフォーム
ひびき動物病院のブログ ひびき動物病院のかわらばん お役立ちコラム
犬と猫の栄養成分辞典 インターネット注文&宅配動物ナビ