子猫を飼い始めたら

子猫を飼い始めたら!

お家に来た日からしばらくは、とても緊張しているものです。環境の変化とストレスは想像以上に体力を消耗します。まず初めに大事なことは、新しい環境に無理なくなじんでもらうことです。そして、新しい環境に慣れる時間が必要です。触りたい、抱っこしたい気持ちは少し控えて、ちょっと遠目で見守ってあげるようにしましょう。

そして、遠目で見ている間に、何かおかしなことがないかもチェックするようにします。 ひとりになれる安全地帯を確保して、自分の場所を認識させてあげましょう。
もしも何か心配なことを発見し、解決できない場合は、見つけたその日か翌日には動物病院へ相談してみましょう。

幼い子の場合は、急な変化に素早く対応することが必要だからです。
カゼ症状やいろいろな寄生虫、外傷など、何か見つけたらお早めにご相談下さい。

子猫の体重と食事

子猫の食事は、自分で食事ができない状態(幼い子が拾われてきたケースなどでは、歯が生え揃うくらいまで)では、ミルクなど人工哺乳の補助が必要な場合があります。

自分で食事ができる子は、生後5ヶ月~6ヶ月くらいまでは1日に3~4回以上、子ネコ用フードを与えます。それ以降も生後10ヶ月~12ヶ月までは2~3回に分け、体重の増加に合わせて調節していきます。
ごはんはバランスのよい子ネコ用を選んでください。当院の通販でも購入ができます。 ミルクは保存の便利さなどから粉ミルクタイプがおススメです。大人になっても、質・量ともに最適な食事を用意しましょう。ドライフード、缶詰フードとも、キトン・アダルト・シニアとライフステージ別に栄養計算されたフードがあり、年齢や、商品によってご飯をあげる量が異なります。パッケージ表示を参考に、年齢と体重に見合った適量をあげてください。

子ネコに多い病気について

・ウイルス性鼻気管炎(FVR)
ネコ風邪とも言われるものです。はなみず、目やに、くしゃみなどが特徴的です。一般的には怖い病気ではありませんが、他の病気を重複してもっていることがあり、次の病気を招くきっかけになることがあるため、注意して観察してあげる必要があります。

・ネコ回虫
ネコのお腹の寄生虫の代表選手です。子ネコの消化器障害や栄養不良の原因になるほか、ヒトへの伝播が知られています(人獣共通感染症)。子ネコのうちから検便・駆虫を開始してあげましょう。

・異物誤飲
歯が抜け替わる頃から、いたずらが勢いを増し、思わぬものを食べてしまう事故が少なくありません。口にして欲しくないものは近くに置かないのが一番です。お部屋の整理整頓も心がけてあげましょう。

飼い主様 お問い合わせフォーム

求職者様 お問い合わせフォーム

飼い主様 お問い合わせフォーム求職者様 お問い合わせフォーム
ひびき動物病院のブログ ひびき動物病院のかわらばん お役立ちコラム
犬と猫の栄養成分辞典 インターネット注文&宅配動物ナビ