ひびき動物病院のブログ

2019.06.17更新

「中年期や高齢でも使えるおしっこ対策の療法食ってどれですか?」

そんな疑問を感じた方

これをみたらご相談くださいね!

新商品がいい感じです。

PHコントロールシリーズがリニューアル!                          

ちょっと名前が覚えにくいかもしれませんが、

ロイヤルカナンの療法食も進化していて、

今までPHコントロールシリーズを食べなかった子がこれは食べたりしています。

エイジング、と書いてありますが、条件を満たす子は、7歳以下でも安心して与えられます。

結石治療にも対応していますが、詳細は当院の食事アドバイザーのメンバーにご質問ください!

ユリナリ―SO

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.06.07更新

国立科学博物館に行ってきました。

大哺乳類展をやっているのは知っていたのですが、なかなかゆっくりと行けるチャンスがなくて、

開催期間が残りわずかになってしまったのもあり、やっと行ってきました。

今日は目的があったんです。

それは、去年、鎌倉に打ち上げられたシロナガスクジラの胃の中身をみること!

由比ガ浜に大きなクジラ種の赤ちゃん!が死んで打ち上げられていたのを覚えていますか?

日本に漂着するのは初めてらしく、しかも赤ちゃんで、まだ哺乳しかしていないだろうという時期に、

胃の中にはプラスチックがあって、海水を飲み込むときに入ったのだろうということで、

おそらくそれだけ海が汚れている、という警告を発信されています。

プラスチックごみは減らさないといけないですね。

自分だけが、と思っても、ひとりひとりの努力がないと、よくならないですもんね。

大哺乳類展はもうすぐ終了なので、見に行かれる方はお急ぎください!

 

 

別の話題ですが、

サライの記事がまたアップされました。

よろしかったら、ご覧ください。

投稿者: ひびき動物病院

2019.06.03更新

お電話でよく質問されます。

電話では状況の判断はできないので、わからないとしか言えないのですが、

ほとんどのケースで早く病院に行った方がいいと思います。

 

どうかな?

と思ったら、早く行った方がいいですよ。

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.06.01更新

わんちゃんのフィラリア予防のシーズンとなっております。

6月になりましたので、まだ準備がお済でないかたは、もう始めてほしいです。

 

まずは血液検査が必要です。そして、健康検査も一緒に受けてほしいです。

これがこの子の元気な時のからだ。

っていうのを知っておけると、いざ病気になってしまったときに、

それが役に立つものになります。

なかなか検査を受ける機会もないでしょうから、こういう機会を有効活用してほしいです。

そして、安心して毎日を過ごしてほしいと思います。

 

予防薬はやっぱり今年もオールインワンタイプのスペクトラが一番売れています。

今日もお散歩中に拾ったのか?マダニの相談がありました。

SFTSというマダニが運ぶ病気で、亡くなっているヒトもいます。

ワンちゃんの予防は、マダニ予防もしっかりお願いします。

マダニの予防薬も飲ませる薬がおススメです。

飲ませる薬なら、外で散々遊んで汚れてからじゃぶじゃぶシャンプーしてもお薬がなくなりません。

月に一回飲ませてあげれば、色々気にしないでお外に連れていけますよ!

シャンプー

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.05.26更新

ネコの膀胱のトラブルは膀胱結石というよりも結晶や膀胱炎が多い印象ですが、中からこんなものが出てきました…

ある程度繰り返していたと思う所見の一部です。

オシッコのトラブルは、あれ?と思ったら早めに診せて下さいね〜。

pic20190526135049_1.jpg

投稿者: ひびき動物病院

2019.05.14更新

わんちゃんの歯の処置をしました。

わかりやすい写真のような気がしますので、載せておこうと思います。

 

写真は

上の写真が処置前の上顎左側 、

下の写真が処置中の上顎右側 です。

 

両方とも、上の写真のように、歯石がガッチリついていました。

下の写真は、(茶色い)大きな歯石を除去してみたら、(白い)歯と、

(赤く)傷んだ歯ぐきが出てきて、そしてその間から膿が出てきました。

 

 この位歯石がついている子は、もう中で膿んでいるかもしれませんよ。

膿んじゃってたら、歯みがきだけじゃもっと進んでしまいます。

気になってる方は、予防注射や診察の時にも一緒にチェックしましょうね。

 

歯石除去

投稿者: ひびき動物病院

2019.04.09更新

動物用にも歯科専用のレントゲンがあります。

残念ながら撮影時にはおとなしくしていないので、麻酔をかける事になりますが、

今回、歯科レントゲンができるところで見てもらい、

きちんと診断して進むことができました。

デンタル

ヒトみたいでしょ!

この子は歯を抜かないでいいことがこれでわかりました。

 

 

投稿者: ひびき動物病院

2019.03.29更新

横浜市より、「災害時のペット対策 ペットとの同行避難対応ガイドライン」がアップデートされて発表されています。

 

前回のは平成23年度版なので、内容的にはあまり具体的に決められているわけではなく、震災の時にはそれを用いるしかありませんでしたので、結構不便で不安な内容でした。

今回は、震災の後に環境省の「ヒトとペットの災害対策ガイドライン」などが改訂されたことなどから、市役所、動物愛護センター、獣医師会が協力し合って、新しいものを作ってきました。

「飼い犬編」と「地域防災拠点編」の2部構成でなっています。

ぜひ一度ご覧ください。

 

そして、

地域防災拠点」とはご存知でしょうか?

 こちらもご存知ない方、ご存知の方も、ご覧になって下さい。

 

pic20190329141703_0.jpg

投稿者: ひびき動物病院

2019.03.19更新

わんちゃんは検査の時期になってきましたね。

 

フィラリア検査とは、フィラリア(寄生虫)がいないか?を調べている検査です。

健康検査もするので、そちらばかりに焦点が当てられてしまいますが、

院内検査では顕微鏡でこういうのがいないか?を検査しています。

 顕微鏡の画面です。

この動画はフィラリアの仔虫が見えています。

フィラリア陽性ということです。

陽性になると、生涯の治療になるかもしれません。

大変なことにならないように、

5月中までに検査を終わらせてお薬を準備しましょう!

 

* 投薬は5月からです。忘れずに!

3月中だと病院も比較的空いていると思います。

お薬と検査の同時購入割引サービスは5月末までです。

 

ワンちゃんが増える時期なので、

お昼時間の一部を予約時間にあてますので、

ワンちゃんが少ない時間がいいネコさんは

事前にご連絡・ご相談ください。

通常の昼時間は手術や検査をしていますので、

ご予約のない場合は対応できない場合があります。

よろしくお願いします。

投稿者: ひびき動物病院

2019.03.16更新

あちこちから卒業式の便りなどが聞こえるようになりましたね。

桜の開花もあと数日のようです。

狂犬病注射の書類が役所から届き始めました。

 

狂犬病注射は院内接種もご利用いただけます。

 

ご都合の良い日時にあわせたい

たくさんわんちゃんがいない方がいい

お外で注射はかわいそう など

そういう場合は院内接種がいいですよ。ご予約も特に必要ありません。

 

でもお注射したあとに体調の変化が出る事もありますので、前後数日は体調の変化がない時を選んで、なるだけ午前中に注射できる方が安全です。

役所から届いた書類(写真の用紙)を忘れずにお持ちください

 

混むのが嫌、という方は、毎年3月中のほうが比較的すいていますので、早めに済ませてしまうのもいいかもしれませんよ!

 

また、一緒にフィラリア健康検査を受ける場合は、事前に8時間以上の食事を抜いていただくと正確な結果がでますので、こちらも併せてご検討ください。

(フィラリア予防薬は5月後半からスタートなので、それまでに検査を済ませてください)

 

わからないことがございましたら、お気軽にご質問ください。



pic20190316165615_0.JPG

投稿者: ひびき動物病院

前へ

飼い主様 お問い合わせフォーム

求職者様 お問い合わせフォーム

飼い主様 お問い合わせフォーム求職者様 お問い合わせフォーム
ひびき動物病院のブログ ひびき動物病院のかわらばん お役立ちコラム
犬と猫の栄養成分辞典 インターネット注文&宅配動物ナビ