ひびき動物病院のブログ

2017.08.01更新

先日、ネコに咬まれて亡くなった方の原因がSFTS(重症熱性血小板減少症候群)だった、という報道があり、ちょっとびっくりしました。

ダニからヒト、というのは気を付けないと、と思っていましたが、ネコからもらうこともあるの?と思いました。

一応きちんと整理しておいた方がいいとも思いましたので、

リンク先を張り付けておこうと思います。

厚生労働省

国立感染症研究所

 

いずれにしても、マダニの予防をしましょうね!

 



pic20170801180231_0.jpg

投稿者: ひびき動物病院

2017.07.13更新

ペットフード

今回は缶詰ですけれど、

みなさん缶を開けてからどのくらいで使い切ってますか?

缶は開けたら2日で

「先生、ペットフードって腐らないんでしょ?」

「えっ?」(と答えると)

「えっ?」(と返される)

 

普通のペットフードは食品同様に腐りますので、

開封したら2日で使い切って下さい。

 

ドライフードは

開けたら1ヶ月以内の消費を想像している会社が多いようですが、

食品ですので、開けたら早めに使い切りましょう。

特にこの時期は食品が傷みやすい時期ですので、

いつもより小さい袋を買っていただいた方がいいと思います。

あけてから3ヵ月とか、おいておいたフードは、事故につながるかもしれませんよ!

 

投稿者: ひびき動物病院

2017.06.16更新

フィラリア健康検査は今年もたくさんの方がやってくれました。数少ない健康診断の機会ですから、こちらも積極的に勧めています。そのため毎年健康検査をやっていただく数は増えている気がします。ペットへの心遣いありがとうございます。

みなさん今年の結果はいかがでしたでしょうか?

「ちょっとしか変化はなかったけれど、一応その先見ておきます!」

そういう子の画像検査をしました。

「これ、このまま放置しない方がいいですよ!」

そんな結果が出てきました。。。

やっぱり異常がでたら、見ておいた方がいいな・・・

そういう日でした。



pic20170616203138_0.jpg

投稿者: ひびき動物病院

2017.06.06更新

病院に戻った午後も良いお話が聞けました。

 

介護は悩みがつきまといます。

これは多少なりとも悩みを軽減するお手伝いができるマットではないかと思います。

データとノウハウが活かされたエビデンスがあります。

 



pic20170606215547_0.JPG

投稿者: ひびき動物病院

2017.05.29更新

有望な鎮痛薬の勉強会に参加してきました。
消炎鎮痛薬は、ただ単に痛み止めをするだけではありません。
そしてどうして長時間型がいいのか?には理由があります。
理由によって適応もかわりますが、
イタイワンコに手を差し伸べる有望なお薬になるには違いありません。
でも、この子は痛がってる、というのもおうちの方にはわからない場合があり、
この仕草は痛かったの!と驚く場面も少なくありません。
よくやるクセやしぐさは、この意味って何だろう?って聞いてみてくださいね。



pic20170529110147_0.jpg

投稿者: ひびき動物病院

2017.05.23更新

治療用のフードは使いこなすのにはそれなりの知識と経験が必要です。

せっかくやるのなら私たちを活用してくださいね。

もったいないですよ!

 

治療用フード

夜の診察室なので、ちょっと暗めですね。

投稿者: ひびき動物病院

2017.05.20更新

これでお薬あげるのが楽になりました!
っていわれました。これはお薬を包むお肉です。

穴があります。そこにお薬を入れるんです。

少し節約して半分くらいでも多分お薬包めます。

犬用とネコ用があります。
採血とか注射がんばったご褒美にもどうぞ。

犬用は一袋に30個入っています。

詳細とご購入は受付で声かけてくださいね!

 



pic20170520200757_0.jpg

投稿者: ひびき動物病院

飼い主様 お問い合わせフォーム

求職者様 お問い合わせフォーム

飼い主様 お問い合わせフォーム求職者様 お問い合わせフォーム
ひびき動物病院のブログ ひびき動物病院のかわらばん お役立ちコラム
犬と猫の栄養成分辞典 インターネット注文&宅配動物ナビ