中医学ってどんなもの?

 

東洋医学と言われたり、漢方とか、ツボとか、イマイチ掴みにくい言葉だと思います。

中医学は、病気になってから何かをするだけではなく、病気になる前や、病気の回復後なども、また病気にならないように体づくりができるのが強みです。

同じような目的でサプリメントが様々ありますが、中医学で利用する漢方薬や生薬は少なくとも千年以上の歴史があり、ヒトの保険にも適用されているような、信頼度が違います(残念ながらペット保険は対応が様々です)。

 

生涯健康を目指すためのツールとなるものですが、特徴として

未病先防(みびょうせんぼう)

整体観(せいたいかん)

弁証論治(べんしょうろんち)

などがあります。

 

未病先防とは、

病気にならないように備えることで、病気が発症する前の何となく不調な兆候の「未病」の時に、体質を見ながら、その体質にあった食事や生活習慣などの適切な対応を行うことで病気になる前に防ぐ、病気になったとしてもそれ以上進行しないように、という考え方で、予防医学とも解釈できます。

病気になって、強い症状が出てから治療するのではなく、「未病」を治す!のが特徴です。

 

整体観とは、

全体観とも解釈すると簡単です。病気や症状だけをみるのでなく、その病気につながる世界を全体的にみよう、というものです。陰と陽で体質のバランスを考えたり、五行で五臓六腑の全体のバランスを考えたりするで、今どう言う体質の状況にあるのか?どう言う方向性がいいのか?を導き出すためのバランス医学です。外部とのバランス、内部のバランス、どちらも重視する医学です。

 

弁証論治とは

「証を弁じて治を論ずる」

証とはその時点における体質(病の本質)で、「気・血・津液・(精)」の不足や滞りなどから、それぞれ個人の体質や、病気の原因、発病の過程などを分析し、それに基づき適切な治療法や生活養生など治療法を選び実施していきます。いわゆるオーダーメイド医学と考えられます。そのため、同じ病気でも違う治療になったり、違う病気でも体質が同じ時は同じ治療になることがあります。

 

 

西洋医学とはアプローチが少し異なり、病気をみる、と言うよりは、全体をみる、と言う進め方をしていきます。

そのため、薬だけではなく、食生活や生活習慣の改善など、複合的な要素が含まれます。

一緒に頑張りましょう。

 

飼い主様 お問い合わせフォーム

求職者様 お問い合わせフォーム

飼い主様 お問い合わせフォーム求職者様 お問い合わせフォーム
ひびき動物病院のブログ ひびき動物病院のかわらばん お役立ちコラム
犬と猫の栄養成分辞典 インターネット注文&宅配動物ナビ